生活マル得 裏ワザ情報局

30秒ケアで髪やお肌にうるおい♪

この時期、空気の乾燥によるお肌や髪のかさつき、気になりますよね。クリームなどを使っているのに、あまり効果がなかったり……。そこで今回は、テレビで発見した、「プラス30秒」のうるおいケアをご紹介。たとえば、顔をクレンジングしたあと、手に残っているクレンジング剤を使って、30 秒間手の甲をマッサージ。たまった古い角質を取ることで、ハンドクリームなどのうるおい成分がなじみやすくなります。指先の乾燥が気になるなら、プラス 30秒、指もマッサージしましょう。また、顔に保湿クリームや美容液をつけるときも、プラス30秒。手に残ったものを、首すじ、耳、ひじ、カカトなどの、かさつきが気になる部分になじませましょう。こういった毎日のちょっとしたケアが、日々のうるおいにつながるのです。冬は、髪の乾燥も深刻。ぱさつきや枝毛、切れ毛のモトになります。シャンプー後のトリートメントは、ダメージヘアを補修する成分を含んだものを使いましょう。ここでさらにひと工夫。トリートメント剤をつけた髪をホットタオルで包んで30 秒。こうすることで、うるおい成分の浸透力がアップするのです。お風呂から上がってのドライヤータイムも、プラス30秒。髪をしっかり乾かしましょう。濡れたままで寝てしまうと、枕との摩擦で髪が傷む原因に。以上、30秒のうるおいケアでした。かさつき、ぱさつきでお悩みの人はおためしあれ♪

生活マル得 裏ワザ情報局 > お顔のお手入れテクニック > 30秒ケアで髪やお肌にうるおい♪